●マインドフルネス瞑想って何?

 

 

呼吸と共に”今ここ”に集中し、五感をフルに使い自分の内側の感覚に意識を向け

抱いた感覚をジャッジせずに受け容れて味わう脳と心のトレーニング

過去を悔やんだり、実際に起こっていない出来事や未来に囚われるのではなく

目の前の現実にしっかりと向き合う。仏教の正念(サティ)からきている。

米ジョン・カバット・ジン博士が宗教的な文脈を省き

呼吸法を用いたマインドフルネス瞑想によるストレス低減法(MBSR)の治療効果を立証し、医療現場へ。

現在はストレスや不安に負けない心をつくるための修養法として、名だたる有名企業や教育現場でも取り入れられ、EQ向上(自分の感情を認識し、コントロールする能力、他者を共感的に理解する能力)、ストレスケアに至るまで広く普及している。

 

 

S&Sでは、大人クラスだけでなく、キッズクラスでも

このマインドフルネス瞑想を取り入れています。